東・北日本太平洋側 急な雷雨、ひょうに注意 黄砂も飛来か

©株式会社ウェザーマップ

きょう24日の午後は、東~北日本の太平洋側で雷雨となる所がある見込み。また、西~東日本では、黄砂の飛来も予想されている。広い範囲で、空模様の変化に注意が必要だ。

東・北日本 天気急変のおそれ

 北日本・東日本の太平洋側を中心に、気温が上がる午後は大気の状態が不安定になるため、急な雨や落雷、突風に注意が必要だ。また、ひょうが降りやすい時季なので、発達した雷雲の接近には特に注意が必要となる。遠くの雷鳴が聞こえる、黒い雲が広がってきた、あるいは急に冷たい風が吹いてきた場合は、すぐさま頑丈な建物等に避難するよう心掛けたい。

西日本中心に暑い

 天気が回復した西日本や東海では、きのうより気温が大幅に上がり、場所によっては10℃くらい高くなる見込み。太平洋側を中心に30℃前後まで上がる予想なので、屋外の作業やスポーツなどは熱中症に対して注意が必要となる。

広く黄砂も

 24日午後は、九州~東北にかけて黄砂の飛来が予想されている。視程(見通せる距離)を大きく悪くするほどではない見込みだが、洗濯物や車のフロントガラスなどに黄砂が付着するおそれがある。なお、黄砂の飛来は、あす25日(金)にかけても続く見通し。