パブリック・イメージ・リミテッド、結成40周年記念ボックス・セット7月20日に発売決定。ドキュメンタリー映画も公開に。

ジョン・ライドン率いるパブリック・イメージ・リミテッドの結成40周年を記念したキャリアを総括したボックス・セット『ザ・パブリック・イメージ・イズ・ロットン(ソングス・フロム・ザ・ハート)』が2018年7月20日に発売されることが決定した。CD/DVDボックス以外にアナログ盤(LP)6枚組、デジタル・アルバムの3フォーマットで発売される(アナログ盤ボックスは輸入盤のみの取り扱い)。

国内盤、CD+DVDBOX展開図
輸入盤、アナログBOX展開図

ボックス・セット『ザ・パブリック・イメージ・イズ・ロットン(ソングス・フロム・ザ・ハート)』は1978年から2015年のシングルのA面/リード・トラックを収録したシングル・コレクション、シングルのB面/カップリング・ナンバー、12インチ・ヴァージョン、ダンス・ミックス、ラジオ・セッション用の音源、未発表トラック/ヴァージョンほか貴重音源を収録したレア・トラック集が収録され、CD/DVDボックスのみのコンテンツとして、1989年にニューヨークのリッツで収録されたライヴ音源が収録。

2枚のDVDにはグループが残してきたプロモーション・ビデオ、グループがBBCのTV番組(「トップ・オブ・ザ・ポップス」、「オールド・グレイ・ホイッスル・テスト」)に出演した際の映像が収録。さらに2本の伝説的なコンサートの映像も収録される。一つは1988年にエストニアで開催された、"タリン・ロック・サマー・フェスティヴァル"に出演した際のパフォーマンス、もう一つは、2013年にコンサート・ツアー"This Is PiL"の一環として行われたオーストラリアのエンモア・シアターにおけるライヴ映像となる。

このボックス・セットのリリースに合わせ、パブリック・イメージ・リミテッドのキャリアを追ったドキュメンタリー・フィルム『THE PUBLIC IMAGE IS ROTTEN』も公開が予定されている。この映像作品は、2017年、ニューヨークで開催されたトライベッカ・フィルム・フェスティヴァルで初めて公開され、その後、同年にロンドンで開催されたレインダンス・フェスティヴァルでも上映された。タバート・フィラーが監督を務めた同作は、今年、映画館で一般公開される予定となっている。

パブリック・イメージ・リミテッドは、5月30日のUKブリストルでのショーを皮切りに、ヨーロッパや日本ツアーが開催される。日本公演は、7月3日に東京「六本木EXシアター」、大阪「IMP HALL」にて行われる。チケットは現在発売中。

■リリース情報

パブリック・イメージ・リミテッド『ザ・パブリック・イメージ・イズ・ロットン(ソングス・フロム・ザ・ハート)』
Public Image Ltd “The Public Image Is Rotten (Songs From The Heart)”

発売日:2018年7月20日
形態:5SHM-CD+2DVD
価格:11,000円+税
品番:UICY-78843

輸入国内仕様/完全生産限定盤
<日本盤のみ>
SHM-CD仕様
英文ライナー翻訳付/歌詞対訳付

購入はこちら 

ディスク1 – シングルス 1978-2015
1. パブリック・イメージ
2. デス・ディスコ
3. メモリーズ
4. フラワーズ・オブ・ロマンス
5. ラヴ・ソング
6. バッド・ライフ
7. ライズ
8. ホーム
9. シアトル
10. ボディ
11. ディサポインテッド
12. ウォーリアー
13. ドント・アスク・ミー
14. クルーエル
15. ワン・ドロップ
16. レジー・ソング
17. アウト・オブ・ウッズ
18. ダブル・トラブル

ディスク2 – B面曲、レア曲&ラジオ・セッション
B面曲
1. カウボーイ・ソング
2. ハーフ・ミックス/メガ・ミックス
3. アナザー
4. ホーム・イズ・ホエア・ザ・ハート・イズ
5. ブルー・ウォーター
6. クエスチョン・マーク
7. セルフィッシュ・ラビッシュ
8. U.S.L.S.1
9. ターキー・ティッツ

レア曲
10. パイド・パイパー
11. クリミナル

ラジオ・セッション
12. ポップトーンズ(BBC ジョン・ピール・セッション 1979)
13. キャリアリング(BBC ジョン・ピール・セッション 1979)
14. チャント(BBC ジョン・ピール・セッション 1979)
15. クルーエル(BBC マーク・グッディアー・セッション 1992)
16. アシッド・ドロップス(BBC マーク・グッディアー・セッション 1992)
17. ラヴ・ホープ(BBC マーク・グッディアー・セッション 1992)

ディスク3 – 12インチ・ミックス&ダンス・トラックス
1. デス・ディスコ(12インチ)
2. ラヴ・ソング(12インチ)
3. フラワーズ・オブ・ロマンス(インストゥルメンタル)
4. ライズ(ボブ・クリアマウンテン・ミックス)
5. シアトル(USリミックス12インチ)
6. ボディ(USリミックス・エクステンデッド12インチ)
7. ディサポインテッド(12インチ)
8. ハッピー(USリミックス12インチ)
9. ウォーリアー(エクテンデッド12インチ・ミックス)
10. ロリーポップ・オペラ(『ディス・イズ・PiL』より)
11. シューム(『ホワット・ザ・ワールド・ニーズ・ナウ・・・』より)

ボーナス・トラック
12. デス・ディスコ(オリジナル・モニター・ミックス)
13. ラヴ・ソング(12インチ・ミックス)

ディスク4 – 未発表ミックス&トラックス
1. アナリサ(“ニュー・ミックス” – タウンハウス 1979)
2. アルバトロス(“モニター・ミックス” 1979)
3. キャリアリング(パリ・ライヴ 1980) *未発表
4. バンギング・ザ・ドア(オルタナティヴ・ミックス、タウンハウス 1980)
5. ヴァンパイア(未発表トラック 1981)
6. ナインティーン・エイティ・ワン(オリジナル・ヴァージョン、タウンハウス 1981)
7. バッド・ナイト(未発表トラック パーク・サウス 1983)
8. シングス・イン・E(オルタナティヴ・ラズウェル・ミックス 1985)
9. キャン・ユー・フィール・ザ・フォーズ(未発表インストゥルメンタル、ファームハウス1987)
10. スパイ・スリラー・オープン・アンド・リヴォルヴィング(オルタナティヴ・ミックス、ファームハウス 1987)
11. カシミール(未発表リノヴァイションズ・ミックス 1987)(インストゥルメンタル)
12. ケイジャン(未発表ビル・ラズウェル・インストゥルメンタル 1988)
13. ウォーリー(“ラフ・ミックス” アドヴィジョン 1988)
14. シンク・タンク(“アウトテイク” エルドラド 1991)

ディスク 5 – ライヴ・コンサート
ライヴ・アット・ニューヨーク・リッツ 1989年7月16日
1. ウォーリアー
2. ハッピー
3. ラヴ・ソング
4. ホーム
5. ラウンド
6. ブレイヴ・ニュー・ワールド
7. サイム・オールド・ストーリー
8. ボディ
9. オープン&リヴォルヴィング
10. ライズ
11. ディサポインテッド
12. パブリック・イメージ
13. シアトル
14. ワールド・ディストラクション

ディスク 6 – DVD 1
プロモ・ビデオ
1. パブリック・イメージ
2. デス・ディスコ
3. ラヴ・ソング
4. ラヴ・ソング(ライヴ・イン・TOKYO)
5. バッド・ライフ
6. ライズ
7. ホーム
8. シアトル
9. ボディ
10. ディサポインテッド
11. ウォーリアー
12. ドント・アスク・ミー
13. クルーエル
14. カヴァード
15. ワン・ドロップ
16. レジー・ソング
17. アウト・オブ・ザ・ウッズ
18. ロリーポップ・オペラ
19. ダブル・トラブル
20. ベティー・ペイジ
21. ザ・ワン

1988年8月26日 エストニア/タリン・ロック・サマー・フェスティヴァル
1. パブリック・イメージ
2. F.F.F
3. シアトル
4. ホーム
5. バグズ
6. ライズ
7. ハード・タイムズ
8. レリジョン
9. ルールズ・アンド・レギュレイションズ
10. アングリー
11. オープン・アンド・リヴォルヴィング
12. さらばベルリンの陽
13. ボディ
14. ワールド・ディストラクション

ディスク 7 – DVD 2
BBC TVパフォーマンス – アーカイヴ
1. デス・ディスコ – BBC 『トップ・オブ・ザ・ポップス』 1979
2. ポップトーンズ – BBC 『オールド・グレイ・ホイッスル・テスト』 1980
3. キャリアリング - BBC 『オールド・グレイ・ホイッスル・テスト』 1980
4. フラワーズ・オブ・ロマンス - BBC 『トップ・オブ・ザ・ポップス』 1981
5. ライズ - BBC 『トップ・オブ・ザ・ポップス』 1986
6. ホーム - BBC 『オールド・グレイ・ホイッスル・テスト』 1986
7. ラウンド - BBC 『オールド・グレイ・ホイッスル・テスト』 1986
8. ディサポインテッド – ザ・レイト・ショー 1989

2013年4月10日オーストラリア/シドニー/エンモア・シアター
1. フォー・インクロウズド・ウォールズ
2. アルバトロス
3. ディーパー・ウォーター
4. メモリーズ
5. レジー・ソング
6. ディサポインテッド
7. ウォーリアー
8. フラワーズ・オブ・ロマンス
9. ワン・ドロップ
10. デス・ディスコ
11. ラヴ・ソング
12. パブリック・イメージ
13. アウト・オブ・ザ・ウッズ
14. ライズ
15. オープン・アップ

■公演情報
<日本公演>
2018年7月3日: 東京/六本木EXシアター
2018年7月4日: 大阪/IMP HALL

https://www.creativeman.co.jp/event/pil/

■パブリック・イメージ・リミテッド プロフィール
ジョン・ライドン:セックス・ピストルズのフロントマンを務めていたジョン・ライドンは、1978年にバンドを脱退し、パブリック・イメージ・リミテッドを結成している。また彼は数点のソロ作も発表。他アーティストとのコラボレーションにも成果を残し、テレビにもその活躍の場を広げてきた。著作も複数。近作は自伝『怒りはエナジー(原題:Anger is an Energy: My Life Uncensored)』(シンコー・ミュージック・エンタテイメント)を発表している。ルー・エドモンズ:マルチ・プレイヤーとしても知られるルー・エドモンズはダムドのギタリスト等を経て1986年にPiLに加入。翌年のアルバム『HAPPY?』からレコーディングに加わっている。続く『9』では曲作りにも貢献。グループのサウンドの幅を広げている。ブルース・スミス:ザ・ポップ・グループ、スリッツ等に在籍したことで知られるブルースは、1986年にパーカッショニストとしてPiLに加入。『HAPPY?』と次の『9』のレコーディングに参加した。ドラムス/パーカッションの名手とされる彼の個性的なプレイは、グループの音楽に不可欠な要素になっている。スコット・ファース:スティーヴ・ウィンウッド、ジョン・マーティン、エルヴィス・コステロほかさまざまなジャンルのトップ・ミュージシャン/グループと共演してきた。スコットもまたベーシストであると同時にマルチ・プレイヤーとしても知られる。

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。