英語の民間試験、活用見直しを

合否判定巡り東大内で異論

©一般社団法人共同通信社

 2020年度から始まる大学入学共通テストで導入される英語の民間検定試験について、東大教養学部の英語教員らが「導入自体の妥当性を含め根本的に検討すべきだ」と五神真学長に見直しを申し入れていたことが24日、分かった。東大は3月、検定試験を合否判定に使わない意向を表明していたが、4月末には一転して活用する方向で検討すると発表していた。

 東大の南風原朝和高大接続研究開発センター長が都内で明らかにした。他大学の活用判断にも影響力がある東大内部で、依然慎重論が根強い現状が浮かんだ。

 南風原氏自身も検定試験を合否判定に使うことについて懸念を示した。