大谷選手「球数が多かったから」

田中投手と打者で対決の可能性も

試合前にキャッチボールを終え、引き揚げる米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平選手。次回登板がヤンキース戦から変更になった=24日、トロント(共同)

 【トロント共同】米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平選手(23)は24日、次回登板が27日(日本時間28日)の敵地ニューヨークでのヤンキース戦から変更され、田中将大投手(29)とのメジャー初の投げ合いが持ち越しになったことを受け「何も(体は)悪くないし(メジャー最多の110球を投げた前回の)球数が多かったからだと思っている。次の登板にしっかり合わせたい」と語った。

 投打の「二刀流」の大谷選手は27日に打者として田中投手と対決する可能性が残っている。「打席には立つと思う。マウンドもこの先プレーしていければ、またチャンスがある」とも述べた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る