難民申請者、8年ぶり減少

制度厳格化で「一定効果」

 今年第1四半期(1~3月)の難民申請者(速報値)は3015人で、前年同期から464人減ったことが25日、法務省関係者への取材で分かった。対前年同期比の減少は8年ぶり。就労目的の申請が急増しているとして、法務省は1月15日から厳格化した難民認定制度を導入しており、「効果が一定程度出たのではないか」としている。

 3015人のうち、1月15日~3月の申請者は2285人で、この間に申請を受け付けた平日1日当たりの平均は43.1人。過去最多の1万9629人が申請した2017年の平日1日平均は79.8人で、約46%の減少となった。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

47NEWS

47NEWS