反則選手を守る声明発表へ

日大アメフット部員

©一般社団法人共同通信社

 アメリカンフットボールの悪質反則問題で、日本大のアメフット部員が、謝罪会見を行った宮川泰介選手を守るための声明文を出す意向であることが25日、関係者の話で分かった。内田正人前監督らの指示に従って反則をしたとする宮川選手と、指示を否定した首脳陣との主張に食い違いがあるため。

 日大アメフット部の父母会は4年生の選手代表からの支援要請を受けて24日に東京都内で緊急会合を開き、選手の声明文作成などで一致団結して活動していくことを決めた。声明文を出す時期は未定という。