政権批判のためには視聴者も愚弄…モリカケ問題はTBSが報じるように「民主主義の根幹」をゆるがす事態なのか

©株式会社ID Cruise

写真:AP/アフロ

学校法人「森友学園」への国有地売却を巡り、財務省から“改ざん前”の決済文書と “財務省と森友学園の交渉記録”が国会に提出された問題を24日放送の『あさチャン!』(TBS系)が特集。これまで佐川宣寿前理財局長が「廃棄した」と繰り返し答弁していた財務省の交渉記録が「疑惑発覚以降、交渉記録の廃棄を意図的に進めた」ことが明らかになった。

これに対し、元TBS政治部長で流通経済大学教授の番組コメンテーター・龍崎孝氏は「このままでは平成政治史の汚点になるかと考える」と痛烈に安倍政権を批判し、それでも政権が維持できている現状に「有権者が興味を失っている」と世論への失望まで露わにする場面が見られた。

番組では「森友 財務省交渉記録“意図的に廃棄”昭恵夫人関与は? 野党追及」と題し、財務省の対応を批判。交渉資料の文書には、森友学園の籠池泰典前理事長と諄子夫人が、安倍総理や昭恵夫人の名前を挙げて財務省に迫る記述があった。

資料の提出を受け、立憲民主党の辻元清美国体委員長は「これを早く出してくれればさ〜。一年以上、時間を無駄にさせられたよね」と取材に答え、国民民主長の今井雅人議員は「(総理)夫人は関係してるじゃない」と、番組では野党議員の声のみを紹介した。

また昨日、厚生労働省の委員会で立憲民主党の長妻昭議員が「(安倍)総理夫人に紹介があって、それで財務省に問い合わせたと」「総理どう思われますか? 奥様には聞かれましたか?」と追及する場面の映像が流れ、安倍総理は「私や妻が国有地払い下げや学校の認可にもちろん、事務所も含めて一切関わっていないことは明確にしたい」と、これまで通り改めて森友学園への関与を否定した。

これを受け、龍崎氏は番組内で「政府としてはこれ以上出すもの(資料)はありません。これで、この問題は終わりにしたい。ある意味、逃げ切りをしたいという意図が感じられると言っていい」と解説。

続けて、「このまま、このように、この問題がうやむやに終わってしまえば“平成政治史”の汚点になるのではないかと考える」と言及し、いま政府が抱える3つの問題として「家計学園問題」「文書改ざん問題」「イラク日報問題」を事例に挙げ、「通常ならば、この3つとも内閣が倒れてもおかしくないという事態ではないかと思う」と政権批判を繰り返した。

そして「これらを追及べき野党は、汗のかきかたが足りないのではないか」と野党に奮起をうながし、「長びくこの問題に対して、有権者の方たちが興味を失っているのではないか。いずれも“民主主義”の根幹をゆるがす事態だということを、もう一度やはり噛み締めてもらいたいなと思いますね」と、まるで自分の意見こそが正義だと言わんばかりの発言をし、しかも有権者の意識が低いとまで取れるような持論を展開した。

番組MCの夏目三久は、この龍崎氏の一方的な主張に、ただ「はい」と受け流すだけだった。政権批判を全面に押し出し、印象操作を感じさるような報道は番組としての資質も問われそうだ。