中曽根元首相が100歳

「改憲実現へ世論喚起を」

中曽根康弘元首相

 中曽根康弘元首相が27日、100歳の誕生日を迎えた。この日に合わせて発表したコメントで持論の憲法改正について「与野党を問わず、国民世論の喚起とともに真に国民参加となる憲法の実現を目指し、真剣に取り組んでいくことを期待する」と訴えた。

 歴代首相で100歳を迎えたのは東久邇宮稔彦元首相(102歳で死去)に次いで2人目。

 1918(大正7)年生まれの中曽根氏は「まさにはるけくもかな、の感を強くする。来年は新天皇陛下のご即位のもとに新たな元号も始まる。(大正から)4代を生きることに深い感慨を覚える」と心境を明かした。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る