ハナショウブ3800株、初夏の公園彩る 狭山で例年より一週間早く開花、見頃は6月上旬

 埼玉県狭山市柏原の智光山公園でハナショウブが開花し、鮮やかな花弁が初夏の公園を彩っている。例年より1週間ほど開花が早く、6月上旬に見頃を迎えそうだという。

 園内の花菖蒲園(約2600平方メートル)に約2600株、花菖蒲田(約600平方メートル)に約1200株が保存・栽培されている。九頭龍(くずりゅう)池隣の花菖蒲田は花菖蒲園より早咲きで、汗ばむような陽気となった25日、花菖蒲田では日傘を手にした観賞客や、盛んにシャッターを切るカメラマンの姿が見られた。

 6月3~17日まで同園で「花菖蒲まつり」を開催。期間中の8、9日午後7時~同8時半まで夜間ライトアップ、9、10日は模擬店が出る。

 問い合わせは、公園管理事務所(電話04・2953・5301)へ。

鮮やかに咲き始めたハナショウブ=25日、智光山公園内の花菖蒲田

©株式会社埼玉新聞社

Curated by

みやビズ

みやビズ