バド、日本男子は中国に屈し準V

団体のトマス杯

©一般社団法人共同通信社

男子決勝 中国戦のダブルスでプレーする井上(上)、金子組=バンコク(共同)

 【バンコク共同】バドミントンの団体世界一を決める国・地域別対抗戦、男子トマス杯は27日、バンコクで決勝(3戦先勝方式)が行われ、2014年以来2大会ぶりの優勝を目指した日本は中国に1―3で敗れ、準優勝だった。

 シングルスでエース桃田賢斗が16年リオデジャネイロ五輪金メダルのシン竜を2―0で破ったが、第2試合で井上拓斗、金子祐樹組が昨年の世界選手権を制した張楠、劉成組に、第3試合の西本拳太は世界ランキング3位の石宇奇にともに0―2で敗れた。第4試合で急造ペアの園田啓悟、渡辺勇大組が1―2で逆転負けした。