バド、高橋礼「層の厚さ感じた」

国別対抗戦、女子ら帰国

©一般社団法人共同通信社

バドミントンの国・地域別対抗戦から帰国した(前列左から)奥原、山口、高橋沙、佐藤、(後列左から)田中、米元、松友、高橋礼、広田、福島=28日午前、成田空港

 バドミントンの国・地域別対抗戦、女子ユーバー杯で37年ぶりの優勝を果たした日本代表が28日、成田空港に帰国して記者会見し、主将を務めた高橋礼華(日本ユニシス)は「日本のチームワークの良さと、層の厚さを感じることができた」と誇らしげに喜びを口にした。

 26日のタイとの決勝で最初のシングルスを制した山口茜(再春館製薬所)は「うれしかったし、優勝という結果以外にもいろいろ感じることができた。今後につなげたい」と気持ちを新たにし、同じくシングルスの奥原希望(日本ユニシス)は「期待された中で結果を残せて自信になる」と笑顔を見せた。