宇都宮のLRTが起工式

初の軌道新設、22年開業へ

宇都宮市で開かれた、次世代型路面電車(LRT)の起工式=28日午前

 宇都宮市などは28日、次世代型路面電車(LRT)の起工式をJR宇都宮駅前で開いた。6月に着工し、2022年3月までの開業を目指す。軌道を新設するLRTは全国で初めて。

 起工式には市や国土交通省の関係者ら約200人が出席。佐藤栄一市長は「LRTの整備により、新たな都市の価値や魅力を高めていけると考えている」とあいさつした。

 同駅東側と栃木県芳賀町までの14.6キロを結ぶ計画で、整備費は約458億円を見込む。将来的には西側への延伸も検討する。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

47NEWS

47NEWS

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。