水樹奈々が思わず大爆笑した、武田真治のライブエピソードとは?

声優・歌手として活躍する水樹奈々がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「Mの世界」。5月21日(月)の放送では、デジタルリリースされたばかりの新曲「BLUE ROSE」と、今年1月の日本武道館7DAYSライブのスペシャル音源をオンエア。新曲に込めた思いやライブの裏話を語りました。
(TOKYO FM「水樹奈々のMの世界」2018年5月21日(月)放送より)

声優・歌手として活躍する水樹奈々

【『黒猫のウィズ』「メアレス」シリーズテーマ曲「BLUE ROSE」】

水樹「『BLUE ROSE』は、スマートフォン向けアプリ『クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ』の『メアレス』シリーズのテーマソングになっておりまして、さらに、主人公のロザリアというキャラクターの声も担当しています。この新曲は、アコーディオンの音色がとても印象的な楽曲。今回の『メアレス』シリーズは、夢の世界がテーマになっているんですよね。夢と現(うつつ)。現実の現と書いて『うつつ』と読むんですけど。その夢と現実の狭間での戦いを描いています。

私の中では、夢って、どこかで自分が体験したものだったり見たり聞いたりしたものが、形を変えて出てくることが多いんじゃないかなと思ったんですよ。イコール、自分が体験した過去に遡ることになるので、夢にはノスタルジックなイメージがあるなぁと。アコーディオンの音色って、まさにそのノスタルジックな感覚を呼び起こすというか、刺激するようなそんな音色なんじゃないかと。そして、歌詞も物語とすごくシンクロしているので、ぜひぜひプレイしながら、じっくり聴いていただけたらなと思っています」

【日本武道館7DAYSライブ中に、何度も足を……!?】

水樹「今年1月に行った日本武道館7DAYSライブ『NANA MIZUKI LIVE GATE 2018』のスペシャル音源から、9分以上演奏された『POWER GATE』の曲をたっぷりお届けしました。コール&レスポンス部分、冷静になって聴くと恥ずかし~。でも、武道館が割れんばかりのみなさんの熱気、ゾクゾクしました。

そして、最後の最後の大エンディングのところでは、(バックバンド『チェリーボーイズ』の)藤陵(雅裕)さんがサックスをバリバリ吹きまくってましたね。カッコよかったー! もうね、気づくとすぐ突撃してくるんですよ、藤陵さん(笑)。だから、私が夢中になって歌っていて、ちょっと後ろに下がったら、ムニって……藤陵さんの足を踏んでいたということも多々あったり(笑)。いつの間にか私の背後に回り込んで吹いているときがあるんですよ。あとは、私が花道で歌っていたら、バーッと走ってきて突進してくるときもあったり……。特攻隊長なんですよ。

サックスを吹いている人って、そうなんですかね? 武田真治さんもそうだったんです。この間、武田さんのライブに行ったときに、キャロル・キングの曲を吹かれていたんです。そして「キャロル・キングといえば、今日はミュージカルで共演した水樹奈々ちゃんが観にきてます」っていきなり言われて……(笑)。アンコールでは、練り歩きながら私の目の前まで来て、バリバリバリってサックスを吹くから、どう反応したらいいかわからなくて、ただただ大爆笑してました(笑)」

◆6月20日(水)に、水樹奈々の日本武道館7DAYSライブ2018年1月21日公演の模様を収録したBlu-ray&DVD『NANA MIZUKI LIVE GATE 2018』がリリースされます。詳細は水樹奈々オフィシャルサイトをご覧ください。

◎5月28日(月)の「Mの世界」は、日本武道館7DAYSライブの共奏者から、phatmans after schoolのヨシダタクミさんが登場。ライブの裏話や、ヨシダさんがこれまでに手がけた水樹奈々楽曲の制作の裏側に迫ります。お楽しみに!


【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2018年5月29日(火)AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。


<番組概要>
番組名:水樹奈々のMの世界
放送日時:TOKYO FM月曜日深夜1:00~1:30 / FM愛媛土曜日深夜2:00~2:30
パーソナリティ:水樹奈々
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/7
番組公式Twitter:@m20081001

©ジグノシステムジャパン株式会社

Curated by

economy

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。