精神障害、理解深めて 高鍋で支援者向け講座

©株式会社宮崎日日新聞社

心の病気について理解と対応を呼び掛ける都丸さん

 心の病について学び支援する高鍋町精神保健福祉ボランティアの本年度養成講座(町障がい者自立支援協議会主催)は26日、町のたかしんホール(町中央公民館)で始まった。国は精神科に長期入院する患者を減らす目標を掲げており、精神障害者への理解を深め、支援者を増やすのが狙い。町独自の取り組みで理解者を増やすことで、精神障害者が暮らしやすい町づくりを目指している。