ツタヤTV、景品表示法違反

「動画見放題」実は一部

©一般社団法人共同通信社

全作品を見放題であるかのように宣伝していた「TSUTAYA TV」のホームページ(消費者庁提供)

 DVDレンタルや書籍販売のTSUTAYA(ツタヤ、東京)が展開する動画配信サービス「TSUTAYA TV」で、全作品を見放題であるかのように宣伝したのは事実と異なり、景品表示法違反(優良誤認)として、消費者庁は30日、同社に再発防止を求める措置命令を出した。実際に見られるのは全作品の12~27%だった。

 同庁表示対策課によると、2016年4月~18年5月、映画など約3万2千作品を配信し、動画見放題とうたっていたが、見放題なのは最大で約8千作品だけだった。「人気ランキング」で1~10位を占めた全作品、新作や準新作の9割超が対象外になっていた。