「ミスター麻雀」小島武夫氏死去

プロ麻雀連盟初代会長

©一般社団法人共同通信社

 「ミスター麻雀」の異名で知られ、日本プロ麻雀連盟の初代会長を務めた小島武夫(こじま・たけお)氏が28日午前、心不全のため東京都内の病院で死去した。82歳。福岡県出身。葬儀は連盟葬として、6月9日午前9時半から東京都品川区西五反田5の32の20、桐ケ谷斎場で。葬儀委員長は日本プロ麻雀連盟会長の森山茂和氏。

 プロ雀士として活躍、漫画作品のモデルになったほか、テレビ番組にも出演して人気を博した。1981年に設立された連盟の初代会長となり、退任後は最高顧問を務めた。