ソフトバンク、甲子園で虎を3タテ 中田は3勝目1500投球回達成

©株式会社Creative2

ソフトバンクが勝利し、カード3連勝を飾った

阪神は秋山が7回1失点の好投も実らず交流戦勝ちなしの3連敗

■ソフトバンク 5-2 阪神(31日・甲子園)

 ソフトバンクは31日、甲子園で行われた阪神戦を5-2で勝利し3連勝を飾った。阪神は秋山が7回1失点の好投を見せたが打線が援護できず交流戦3連敗スタートとなった。

 両チーム無得点で迎えた4回。ソフトバンクは2死一、三塁からデスパイネの中前タイムリーで先制に成功。8回には中村の右翼越えタイムリー三塁打、松田の押し出し四球、甲斐の2点タイムリーが飛び出し一挙4点を奪った。

 先発の中田は7回2/3、2安打2失点で3勝目を挙げ、プロ野球177人目の通算1500投球回も達成した。

(細野能功 / Yoshinori Hosono)