エメリ新体制のアーセナル、補強は3~5名?そのリストと優先順位とは

©株式会社コリー

『Mirror』は27日、「アーセナルの移籍マーケットにおける獲得候補の優先順位」という記事を掲載した。

ウナイ・エメリ監督を迎えたアーセナルは今夏、チームのオーバーホールが行われるはずだ。

海外の日本代表最新情報、Jリーグ超ゴールはこちら

彼らがマーケットで獲得したい選手、そして強化したいポジションとは?

補強計画の概要

アーセナルは少なくとも3名の選手をチームに追加しようとしている。

しかし、今後数ヶ月の間に誰かがチームを離れるかもしれないので、その場合は5名になる可能性がある。

アーセナルが補強を行おうとしている主要なポジションは、守備的ミッドフィルダーとゴールキーパー、そしてセンターバックだ。しかし、議題には左ウイングも含まれている。

しかし、アーロン・ラムジーの契約交渉が停滞しているので、その去就にも左右されるだろう。

ゴールキーパーについて

ゴールキーパーに関しては、アーセナルはベルント・レーノ(レヴァークーゼン)をエミレーツ・スタジアムにつれてくることを期待している。それが明確な目標としてある。

ドイツ代表の経験もある守護神はレヴァークーゼンを離れることを確信しており、2200万ポンド(およそ32.24億円)の契約解除条項が付随している。

彼のエージェントはナポリと交渉を行ったが、今の所セリエAへの移籍という選択肢はない。

「ナポリとの交渉があることは認められるが、それは停止されている。ナポリは選択肢にないからだ」と代理人が認めている。

セビージャのセルヒオ・リコも選択肢になる可能性がある。彼はもちろんウナイ・エメリ監督にとっては教え子でもある。

ディフェンダーについては?

センターバックのエリアはアーセナルが再建を目指す上で重要なポジションであり、2名が獲得される可能性もある。

メルテザッカーが引退するため、21歳のトルコ代表DFチャーラル・ソユンジュ(フライブルク)がリストの上位に含まれている。

マンチェスター・ユナイテッドとマンチェスター・シティが彼を狙っているが、アーセナルにも可能性があると考えられる。

シュコドラン・ムスタフィの信頼性欠如、ローラン・コシェルニの負傷によって、アーセナルはソクラティス・パパスタソプーロス(ドルトムント)をターゲットにしている。

より経験豊富な選手も加えたい。そのために市場に参入していく可能性が高いだろう。

アーセナルは1年間ジョニー・エヴァンズ(WBA)の獲得を目指してきた。チームが降格したので300万ポンド(およそ4.4億円)で獲得できる。

また、マインツ05のDFアブドゥ・デゥアロもアーセナルが狙っている選手だ。ボルシア・ドルトムントが競合となる。

一方、サイドバックではシュテファン・リヒトシュタイナーが選択肢となっている。

ユヴェントスを離れた彼はフリーであり、短期的にエクトル・ベジェリンの負担を減らす役割を果たせるだけの選手だ。

ラムジーが鍵を握る中盤

中盤センターのポジションは、アーセナルが積極的に強化したいと考えているエリアである。

昨年に続いて見ているのがニースのコートジボワール代表MFジャン・ミカエル・セリである。

彼はアーロン・ラムジーが退団した場合、3500万ポンド(およそ51.29億円)で獲得に向かうという。アーセナルはラムジーを失いたくないが、契約更新ができなければ今夏売却される。

その他、中盤の補強候補としてはローマのロレンツォ・ペッレグリーニがリストアップされている。

彼はスカウトチーフのスヴェン・ミスリンスタットが非常に高く評価している選手であり、獲得の可能性がある。

ただペッレグリーニにはマンチェスター・ユナイテッドやユヴェントスも関心を寄せている。契約には2600万ポンド(およそ38.1億円)の解除条項が設定されている。

驚きの選択もあるか?

過去12ヶ月間、アーセナルはアレクサンドル・ラカゼット、ヘンリフ・ムヒタリャン、ピエール=エメリク・オーバメヤングを獲得してきた。

したがって、これ以上攻撃のタレントにお金を使うかと言われれば、それは考えにくいだろう。

ただ、ダニー・ウェルベックが来季で契約が切れてしまうため、今夏現金化されるかもしれない。

その場合、左サイドに選手を加える可能性は否定できない。

ミスリンスタットはウスマヌ・デンベレとの再会を望んでいるが、アーセナルが彼を獲得するにはローン以外の選択肢は存在しないだろう。

>>QolyによるDAZN徹底ガイド!料金・画質・評判・番組内容など