「まさかの落選」でW杯行きを逃した5人の日本代表選手

©株式会社コリー

ワールドカップの直前になると「サプライズ招集」と同じくらい注目を集めるのは、メンバー入りが確実視されながらも本大会行きを逃した選手だ。

今回でもGKジョー・ハートやMFラジャ・ナインゴラン、MFマリオ・ゲッツェといった選手たちがメンバー外となっており、今後もそうした選手は出てくると思われる。

海外の日本代表最新情報、Jリーグ超ゴールはこちら

そこで今回は、過去のワールドカップにおいて招集を期待されながらもメンバー入りすることができなかった選手を振り返る。

三浦 知良(1998年大会)

生年月日:1967/02/26 (51歳)
ポジション:FW
当時の所属クラブ:ヴェルディ川崎

日本が初出場した1998年のフランスワールドカップ。

そこで起きた衝撃のメンバー落ちは、今後も4年に一度、必ず話題となるだろう。

「外れるのはカズ、三浦カズ」

あのときワールドカップ出場を果たしていたら、カズはこんなにも長く現役でプレーしていなかったかもしれない。

選出者:編集部O

中村 俊輔(2002年大会)

生年月日:1978/06/24 (39歳)
ポジション:MF
当時の所属クラブ:横浜F・マリノス

2002年における落選と言えば中村俊輔に他ならない。

左サイドから名波浩とのコンビでトルシエ政権中期の攻撃サッカーを支えたが、本大会が近づくにあたって徐々に出番が減少し、ついに本大会ではメンバーから離れてしまった。

しかし、この挫折がジーコジャパンにおいてエースとなった中村俊輔を作り上げたともいえる。

選出者:編集部K

高原 直泰(2002年大会)

生年月日:1979/06/04 (38歳)
ポジション:FW
当時の所属クラブ:ジュビロ磐田

ボカからジュビロ磐田に復帰していた当時22歳の高原。

本大会が迫るなか2002年3月末に行われた欧州遠征ではポーランド戦でゴールも決めた。

だが、その帰路で悲劇に見舞われる。エコノミークラス症候群を発症し、引退の危機に瀕することに…。

その結果、エースと期待されていた地元開催のワールドカップ欠場を余儀なくされた。

4か月後に見事復帰を果たすが、2004年にも再発。オーバーエイジで参加予定だったアテネ五輪を欠場している。

選出者:編集部I

久保 竜彦(2006年大会)

生年月日:1976/06/18 (41歳)
ポジション:FW
当時の所属クラブ:横浜F・マリノス

2006年大会でのサプライズといえば、巻の選出であり、エース久保竜彦の落選であろう。

ジーコ体制で最多となる18試合11ゴール、2004年の欧州遠征ではハンガリー、チェコ、アイスランドから3試合連続ゴールを決めた久保。特にチェコ戦ではあのチェフのニアサイドをぶち破り、日本中が世界で通用するFWの登場に心躍らせた。

しかし、その日本人離れした身体能力は同時に肉体へ過度な負担となる。クラブと代表の行き来によって慢性的な腰痛・足首痛に悩まされるようになり、マリノス1年目で記録した16ゴールは、翌年、わずか19試合4ゴールに終わっていた。

それでも「エースが落選することはないだろう」、当時はそんな雰囲気だっただろうか。だが無情にもジーコの口から最後に呼ばれた名前は「マキ」。2002年大会に続いての落選となったが、確実視された中での選出外の衝撃はあまりにも大きかった。

選出者:編集部H

香川 真司(2010年大会)

生年月日:1989/03/17 (29歳)
ポジション:MF
当時の所属クラブ:セレッソ大阪

2008年5月、平成生まれの選手として初めて日本代表のユニフォームに袖を通した香川真司。10月に行われたUAE戦では初ゴールをあげ、日本代表史上3番目の若いスコアラーとなった(19歳206日)。

所属するセレッソ大阪でも傑出したプレーを見せており、翌年にはMFながら27得点をあげJ2の得点王にも輝いた。そうした活躍から代表入りを期待する声も多かったが、2010年大会に向けた23人のリストに香川の名前はなかった。

本大会終後、香川はドルトムントに移籍。すぐさまチームにフィットしMVP級の働きを見せ、9シーズンぶりとなるリーグ制覇の原動力となった。

これ以降、香川は日本代表の中心選手となり、背番号「10」を背負うことに。香川のキャリアを振り返ったと時、2010年大会の落選は大きな分岐点となったに違いない。

選出者:編集部S