全仏テニス、セリーナが3回戦へ

女子ダブルス日比野組は初戦突破

©一般社団法人共同通信社

女子シングルス2回戦で勝利したセリーナ・ウィリアムズ=パリ(共同)

 【パリ共同】テニスの全仏オープン第5日は5月31日、パリのローランギャロスで行われ、女子シングルス2回戦で元世界ランキング1位のセリーナ・ウィリアムズ(米国)が第17シードのアシュリー・バーティ(オーストラリア)に3―6、6―3、6―4で逆転勝ちして2年ぶりに3回戦へ進んだ。

 女子ダブルス1回戦は、日比野菜緒(ルルルン)オクサナ・カラシニコワ(ジョージア)組がダリア・ガブリロワ(オーストラリア)ダリア・カサキナ(ロシア)組を6―3、7―6で下した。

 6月1日に男子シングルスの錦織圭、女子シングルスで大坂なおみの3回戦が組まれた。

女子ダブルス1回戦で勝利した日比野(右)、カラシニコワ組=パリ(共同)