お客様はカモ様です!? 滋賀のホテル、カルガモが子育て

©株式会社京都新聞社

庭を歩くカルガモの親子(大津市萱野浦・ロイヤルオークホテル スパ&ガーデンズ)

 大津市萱野浦の「ロイヤルオークホテル スパ&ガーデンズ」で31日、カルガモのひな10羽が誕生した。親の後を追い、懸命に歩き、泳ぐ愛らしい姿が、宿泊客らを魅了している。

 カルガモは、2007年から毎年、同ホテルの庭園で子育てをし、初夏の風物詩になっている。今年は、昨年より18日早く生まれたという。

 ひなは例年、親鳥と約1カ月半過ごした後、琵琶湖へ巣立つ。ホテルでは「生まれて2、3日まではひなが集団で歩くので特にかわいい」と話している。庭園へは誰でも入ることができる。