地銀の純利益、2年連続減少

5年ぶりに黒字1兆円割る

©一般社団法人共同通信社

 金融庁が1日発表した全国の地域銀行106行の2018年3月期決算概要によると、単体ベースの純損益の合計は前期比0.4%減の9965億円の黒字だった。日銀のマイナス金利政策による貸出金利ざやの低下や債券運用部門の不振が響き、2年連続の減少となった。黒字が1兆円を割り込むのは5年ぶり。

 18年3月期末の貸出金残高は前期末より増え、260兆円を超えた。増加したのは住宅ローンを含む不動産向けの低利融資が大半。マイナス金利の影響で貸し出しの増加が収益につながっていない現状が鮮明になった。

 集計対象は地方銀行と第二地方銀行、埼玉りそな銀行。