ゴルフ、40歳近藤が首位浮上

ツアー選手権第2日

©一般社団法人共同通信社

第2日、17番でティーショットを放つ近藤智弘。通算9アンダーで首位=宍戸ヒルズCC

 ツアー選手権森ビル杯第2日(1日・茨城県宍戸ヒルズCC=7384ヤード、パー71)40歳でツアー6勝の近藤智弘が8バーディー、2ボギーの65と伸ばし、通算9アンダーの133で10位から首位に上がった。1打差の2位に金亨成(韓国)と今季2勝目を狙う時松隆光がつけた。

 重永亜斗夢とジュビック・パグンサン(フィリピン)が通算7アンダーの4位。6アンダーの6位に武藤俊憲、さらに1打差の7位に小林正則ら6人が続いた。2オーバーまでの69人が決勝に進み、石川遼は1打及ばず2週連続予選落ち。(出場126選手、晴れ、気温23.4度、北の風3.1メートル、観衆2598人)