サクソンウォリアーは4着

英ダービー、日本産馬

2日、英国競馬のダービーで4着になったサクソンウォリアー(右端)=ロンドン郊外のエプソム競馬場(ロイター=共同)

 【ロンドン共同】英国競馬の第239回ダービー(約2400メートル芝、G1)は2日(日本時間3日)、ロンドン郊外のエプソム競馬場で行われ、日本の三冠馬ディープインパクトを父に持ち、日本で生まれたサクソンウォリアー(3歳牡馬、ライアン・ムーア騎乗)は4着に終わった。

 5月の2000ギニーを制し、クラシック2冠を狙った同馬は、断然の1番人気に応えられずデビュー5戦目で初黒星。近代競馬発祥の地、英国のダービーで日本産馬の初優勝は成らなかった。

 サクソンウォリアーは、2015年1月に北海道安平町のノーザンファームで誕生した。

5月、英国競馬2000ギニーを制したサクソンウォリアー(ゲッティ=共同)

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む