ボルダリング女子は野口が3連勝

男子は楢崎2位、杉本3位

W杯ボルダリング第5戦 優勝を決め、目を潤ませる野口啓代=エスフォルタアリーナ八王子

 スポーツクライミングのW杯ボルダリング第5戦は3日、東京都八王子市のエスフォルタアリーナ八王子で行われ、女子は野口啓代(TEAM au)が第3戦からの3連勝を果たした。野中生萌(同)は4戦連続の2位。6人による決勝では野口と野中が3完登で並んだが、完登に要したトライ数が少なかった野口の優勝となった。

 今季からW杯に参戦している16歳の伊藤ふたば(同)は初めて決勝に残って6位だった。

 男子は2016年総合王者の楢崎智亜(TEAM au)が2位、杉本怜(北海道連盟)が3位に入った。原田海(神奈川大)は6位。ガブリエレ・モロニ(イタリア)が優勝した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

CYCLE

CYCLE