JFEテクノリサーチの佐藤氏、顕微鏡学会から最高賞

©株式会社鉄鋼新聞社

 JFEテクノリサーチ(社長・津山青史氏)は1日、経営企画部所属の佐藤馨フェローが日本顕微鏡学会主催の表彰で最高賞となる学会賞(瀬藤賞)を受賞したと発表した。同賞を材料メーカー関係者が受賞するのは初めて。最先端の電子顕微鏡技術の開発と応用で高性能鉄鋼材料の研究開発に貢献したと評価された。

 30日に福岡県久留米市で開催された同学会の第74回学術講演会で表彰を受けた。同賞は1956年創設の伝統ある賞で今年で63回目。年に1度、顕微鏡の技術進歩に寄与した同学会会員が数人選ばれる。

 佐藤氏は「日本のものづくりを電子顕微鏡技術でけん引する研究者、技術者と受賞を分かち合いたい。最先端の電子顕微鏡技術で材料設計・開発のためのソリューション技術を今後も提案していく」とのコメントを寄せた。