野党「安倍内閣総辞職を」

財務省の改ざん報告書で批判

©一般社団法人共同通信社

 野党は4日、財務省が発表した決裁文書改ざん問題の調査報告書を巡り「安倍晋三首相の責任が重大だったと確定した。内閣総辞職すべきだ」(玉木雄一郎・国民民主党共同代表)と一斉に批判した。立憲民主党や国民などの国対委員長らは急きょ国会内で会談。麻生太郎副総理兼財務相の辞任や、首相が出席する衆参予算委員会の集中審議を求める方針を改めて確認した。

 立民の辻元清美国対委員長は、1年分の閣僚給与を自主返納する麻生氏に対し「金で解決すべきでない」と語った。蓮舫参院幹事長は「こんなにふざけたことはない。麻生氏は辞めるべきだ」と憤った。