通学路の安全対策推進を要請

警察本部長会議で国家公安委員長

©一般社団法人共同通信社

 警察庁は4日、全国の警察本部長らを集めた会議を東京都内で開催した。5月に新潟市で小2女児が殺害された事件を踏まえ、小此木八郎国家公安委員長が「通学路の安全対策をはじめ、子どもや女性、高齢者らを犯罪から守るための取り組みを強力に推進してほしい」と要請した。

 会議には警察庁の栗生俊一長官も出席。「犯罪の多発する時間帯、地域に重点を置いたパトロールを実施するなど実態に即した活動を推進してほしい」と述べた。

 会議では、警察の組織運営や2020年東京五輪・パラリンピックの開催に向けた官民連携なども協議した。