ヴォルターズ 保田HC、続投

保田尭之HC

 バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)の熊本ヴォルターズは4日、保田尭之(たかゆき)ヘッドコーチ(HC)=(28)=と来季も契約を結んだと発表した。3季目となる保田HCは「チームづくりの集大成へ、使命である1部(B1)昇格を果たす最後の挑戦。ご期待ください」とコメントした。契約期間は7月1日から1年間。

 保田HCは大阪府出身。関西外大を卒業後、2013年に和歌山(当時NBL)のアシスタントコーチ(AC)に就任。14年に熊本のAC、Bリーグ発足の16年からはリーグ最年少HCとして2シーズン指揮を執った。チームは今季41勝19敗で西地区2位となり、昇格プレーオフに初進出。B1富山との入れ替え戦まで進んだが、惜敗して昇格を逃した。

 併せて、澁澤秀徳AC(28)との再契約や、シューティングガードの橫尾達泰(33)が他チームとの交渉も可能な自由交渉リスト入りしたことも発表。横尾は今季、島根から熊本入りし、41試合に出場し、平均5・1得点をマーク。中盤までは先発出場したが、その後は腰の故障で欠場が相次いだ。(坂本尚志)

(2018年6月5日付 熊本日日新聞朝刊掲載)

©株式会社熊本日日新聞社

紙面を彩った火の国球児たち

「夏の甲子園100回」を記念し、熊本出身のスターたちの〝球児〟時代を取り上げます。 第2弾は「日本一の奪三振男」野田浩司の原点を振り返ります。

ご購入はこちらから