「四季島」早春の花テーマに周遊

JR東、19年2~3月のコース

©一般社団法人共同通信社

 JR東日本は5日、2019年2~3月に運行する豪華寝台列車「トランスイート四季島」の「東日本の旬」コース(2泊3日)を発表した。花をテーマにした旅で、各地の早春の魅力を堪能できる。7日から申し込みを受け付ける。3回設定され、出発日は2月9日、13日、3月5日。

 1日目は湯河原(神奈川)で下車して梅林のある公園を散策するほか、MOA美術館(静岡)で鑑賞。2日目は高崎(群馬)で蒸気機関車に乗り換えて横川(同)まで行き、その後、長野・軽井沢でフラワーアレンジメント教室を体験。3日目は梅で有名な偕楽園(茨城)に寄るなどし、千葉・房総半島の菜の花畑の眺めも楽しむ。