中国、米産品7兆円輸入増

制裁見送り条件に提案

 【ワシントン共同】中国が米国との貿易協議で、農産物やエネルギーをはじめとする米国産品の輸入を年間700億ドル(約7兆7千億円)近く増やすと提案したことが5日、明らかになった。米紙ウォールストリート・ジャーナル電子版が報じた。米国が知的財産権侵害を理由とする中国製品への制裁関税を見送ることが条件としている。

 米中両政府が2、3日に北京で開いた閣僚協議で提案した。米国が中国に対して抱える巨額の貿易赤字の削減につなげる狙いで、大豆やトウモロコシ、天然ガス、原油、石炭などの輸入を増やす意向だ。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

47NEWS

47NEWS

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。