EU、グーグルに巨額制裁金か

スマホの基本ソフト巡り

©一般社団法人共同通信社

米グーグルのスマートフォン向け基本ソフト「アンドロイド」のキャラクター=5月、米カリフォルニア州マウンテンビュー(共同)

 【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)欧州委員会が、米IT大手グーグルに対して同社のスマートフォン向け基本ソフト(OS)「アンドロイド」を巡って、EU競争法(日本の独占禁止法に相当)の違反があったとして7月にも多額の制裁金の支払いを命じる準備を進めていると、7日付のフィナンシャル・タイムズ紙が報じた。

 欧州委はグーグルが、アンドロイドを搭載するスマホのメーカーに対し、グーグルのアプリを有利に扱うよう強要し、公正な競争を妨げたと認定。アンドロイドはスマホのOSで80%以上の市場シェアを有しているとされる。