中間貯蔵出資報道に「同意必要」

むつ市副市長、副知事に申し入れ

©一般社団法人共同通信社

青森県むつ市の鎌田光治副市長(右)と面会する佐々木郁夫副知事=7日午後、青森県庁

 関西電力が青森県むつ市の使用済み核燃料の中間貯蔵施設を運営する「リサイクル燃料貯蔵」(RFS)への出資を検討しているとの報道を巡り、鎌田光治副市長は7日、佐々木郁夫副知事に「中間貯蔵事業は県のみならず、むつ市の同意なしには進まない」と申し入れた。

 佐々木副知事は「県として(報道)内容は承知していない」と述べ、関電の出資は把握していないと強調した。中間貯蔵施設にはRFSに出資している東京電力と日本原子力発電の原発から発生する使用済み核燃料が搬入される予定となっている。

 むつ市は8日、東電、原電、RFSの幹部からも事実関係を確認する。