米、特許侵害でトヨタなど調査

車載電子機器巡り

 【ワシントン共同】米国際貿易委員会(ITC)は7日、トヨタ自動車やパナソニックなどが扱うカーナビやカーオーディオといった車載電子機器が、半導体大手ブロードコムの特許を侵害しているかどうか調査を始めると発表した。ブロードコムが特許侵害を申し立てていた。

 調査の対象はトヨタとパナソニック、カーナビ大手デンソーテン(神戸市)、半導体大手ルネサスエレクトロニクスの4社とそれぞれの米国法人。日本無線(東京)も調査する。

 ITCは調査開始から45日以内に調査完了の時期を定める。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

47NEWS

47NEWS