名古屋市が飼い猫41匹を保護

40代女性の市営住宅室内から

 名古屋市は8日、市営住宅で多数の猫を飼育し、名古屋地裁に立ち退きを命じられた40代女性が飼っていた猫41匹を保護し、市動物愛護センターに収容した。健康状態はおおむね良好で、今後引き取り先を探す。

 センター職員が女性を説得し、同日午前、部屋から運んだ。室内で2匹の死骸も見つかった。

 市は1月、猫の鳴き声や臭いが近隣に迷惑を掛けているとして、部屋の明け渡しを求め提訴。名古屋地裁は3月、訴えを認めた。強制退去の期限は今月11日で、女性は市に立ち退く意向を示しているという。

 河村たかし市長は殺処分しない方針を示していた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

47NEWS

47NEWS