景色堪能し、宮古路を快走 第11回ツール・ド・宮古島が開幕 サイクリングの部130人出走 強風でコース変更

 【宮古島】自転車競技の第11回ツール・ド・宮古島2018(主催・宮古島市、パワースポーツ、共催・琉球新報社)が9日午前11時、開幕した。

 初日のサイクリング部門には130人が参加し、宮古島市平良のトゥリバー地区から一斉にスタート。

 参加者は島の景色を堪能しながら疾走した。宮古島は台風5号の影響で風が強くなっており、参加者の安全を考慮して各離島を結ぶ大橋などがコースから除外される変更があった。

 参加者がそれぞれのペースで走るサイクリング部門は84キロコースと114キロコースがあったが、天気の影響で84キロコースに統一して行われた。

 スタート直前の開会式では突然の大雨に見舞われる場面もあったが、参加者らは雨にも負けず元気にスタートした。

 最終日の10日は順位を競うロードレース部門が催される。【琉球新報電子版】

©株式会社琉球新報社