柔道、南北合同チームは中止

「統一旗」で意見の相違か

柔道の東アジア選手権で北朝鮮チームが敗退し、国旗を片付ける応援団=10日、ウランバートル(共同)

 【ウランバートル共同】柔道の東アジア選手権最終日は10日、ウランバートルで行われ、団体戦で当初予定されていた韓国と北朝鮮による南北合同チームの結成は急きょ中止となった。韓国と北朝鮮は単独チームとしてそれぞれ出場した。

 モンゴル柔道連盟の幹部は「バトトルガ大統領をはじめ、合同チーム出場を願っていろいろと努力してきたが、北朝鮮側が理由について何も説明せずに中止とした。残念だ」と述べた。

 一方で関係者によると、国際柔道連盟が合同チーム結成を発表した際にホームページなどで使用した「統一旗」のデザインを巡り、南北間で何らかの意見の相違があったとの情報もあるという。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

47NEWS

47NEWS

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。