台風5号、11日昼過ぎから夕方にかけて伊豆諸島に最接近

大型の台風第5号は、11日昼過ぎから夕方にかけ、伊豆諸島に最接近する見込み。また、伊豆諸島付近に停滞している梅雨前線が活発化。気象庁は、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫、高波に警戒・注意を呼びかけている(11日4時現在)。

大型の台風第5号は、11日3時には日本の南の北緯28度55分、東経136度30分にあって、1時間におよそ45キロの速さで東北東へ進んでいる。

中心の気圧は980ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は40メートル。

中心の南東側220キロ以内と北西側70キロ以内では風速25メートル以上の暴風に。中心の南東側750キロ以内と北西側300キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。

台風は今後、勢力をやや弱めながら11日昼過ぎから夕方にかけて伊豆諸島に最接近する見込み。台風の北上にともない、伊豆諸島付近に停滞している梅雨前線の活動が活発になる。

台風は12日未明には温帯低気圧に変わって日本の東を北上、12日は北日本に暖かく湿った空気が流れ込むという。

©株式会社エキスプレス

鉄道チャンネルニュースアプリ

いつでもどこでも、気になる最新鉄道ニュースをまとめてチェックできる無料アプリ!多岐にわたるジャンルのニュースを配信中♪

詳細はこちら