品質保証で公開シンポジウム、経産省など都内で25日に

パネラーに安藤・新日鉄住金常務ら

©株式会社鉄鋼新聞社

 製造業の品質保証体制構築に関する公開シンポジウムが25日に都内で開かれる。経済産業省、経団連、日本科学技術連盟の3者共催のシンポジウムで、新日鉄住金の安藤豊常務執行役員がパネルディスカッションに参加する。

 経産省は、製品検査データ書き換えなどの不正事案が多発したのを受け、再発防止に向けた取り組みを強化している。この一環として、経団連などと協力してシンポジウムを開く。

 シンポジウムでは、コネクテッド・インダストリーズ推進による品質管理の取り組みをテーマにしたパネルディスカッションを予定。安藤氏のほか、ダイセルの小河義美専務執行役員らがパネラーとして参加する。