オイルフィルターに金属片、仙台

緊急着陸のピーチ機

©一般社団法人共同通信社

 仙台空港に10日朝、緊急着陸した格安航空会社(LCC)ピーチ・アビエーション機について、左エンジンのオイルフィルターから複数の金属片が見つかったことが11日、国土交通省への取材で分かった。ピーチはエンジンを交換し、原因を詳しく調べる。

 国交省によると、関西発仙台行きピーチ131便エアバスA320は、仙台空港に向け降下中の10日午前8時5分ごろ、計器が左エンジンの油圧低下を示したため、緊急事態を宣言。約30分後に緊急着陸した。乗客乗員150人にけがはなかった。

 ピーチによると、関西空港へ向かう折り返し便が欠航した。