東レ、大津に新開発拠点

さまざまな気象条件を再現

東レの新開発拠点で公開された実験の様子=11日、大津市

 東レは11日、大津市の瀬田工場内で生地や縫製品を開発する新たな拠点を全面稼働させ、報道関係者に公開した。急激な温度変化やゲリラ豪雨などさまざまな気象条件を再現できる人工気象室が目玉で、担当者は「早ければ半年後には商品開発で効果を明らかにしたい」と話している。

 人工気象室は3室で構成され、主室の温度は60度からマイナス30度まで設定できる。隣接する副室を異なる温度に設定して被験者が移動することにより、実生活で屋外から室内に入る際や、登山時に山頂と麓で感じる気温差などを再現できる。また降雨や大型台風並みの風の模擬実験もでき、環境に見合う製品の開発を目指す。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む