光照射でがん細胞狙い撃ち

体外実験で死滅、甲南大

記者会見する甲南大の三好大輔教授=11日午後、神戸市

 特定の化合物を皮膚がんや白血病のがん細胞に結合させ、光を当てることで、がん細胞だけを狙い撃ちして死滅させることができたと、甲南大(神戸市)の三好大輔教授(分子設計化学)のチームが11日付の英科学誌電子版に発表した。

 体外での実験結果だが、増殖や転移を抑える治療法の開発につながると期待される。

 チームは、がん細胞の増殖や転移を促進する「NRAS」というタンパク質に注目。NRASの遺伝情報を伝える「NRASmRNA」には「ZnAPC」という化合物が結合できることを突き止めた。この化合物は光を当てると活性酸素を発生させ、がん細胞を破壊できる。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

大阪府医師協同組合

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。