ナビ履歴から遺棄現場特定

遺体発見の女性、静岡県警

 静岡県藤枝市の山中で浜松市の看護師(29)とみられる女性の遺体が見つかった事件で、三重県桑名市で発見した女性の車のカーナビに記録された走行履歴などから、静岡県警が遺棄現場を特定していたことが12日、捜査関係者への取材で分かった。

 女性は行方不明となって間もなく死亡した可能性があることも判明。5月下旬に複数の男に連れ去られる様子が防犯カメラに写っており、浜松東署捜査本部は死亡の経緯を捜査するとともに、男らの行方を追っている。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る