トルシエ監督、「日本代表はノーチャンス」と断言…その理由は?

『L'Equipe』は11日、「フィリップ・トルシエ氏は、日本代表が決勝トーナメントに進める可能性はないと話した」と報じた。

2002年の日韓ワールドカップで日本代表監督を務め、自国開催の大会でベスト16進出に成功したトルシエ氏。

海外の日本代表最新情報、Jリーグ超ゴールはこちら

その後はカタール代表やマルセイユ、モロッコ代表などを指揮し、中国リーグのクラブも率いていた。

彼はワールドカップに向けて以下のように話し、対戦相手の順番を考えると日本は厳しいと語ったとのこと。

フィリップ・トルシエ 「日本代表に決勝トーナメント進出のチャンスはない。

もしジョゼ・モウリーニョやアーセン・ヴェンゲルの下でプレーしても、日本がベスト16に入るのは難しいだろう。

ポーランドが最初の試合であれば、それは違ってくる。

しかしコロンビアが最初の試合、セネガルが第2戦ということは…少なくとも私から見れば、理論上はチャンスがない。ノーチャンスだ。

ハリルホジッチ監督を解任するという決断には驚かされたよ。

しかし、日本サッカー協会は長い間満足していなかったし、そして決断した。おそらく、ワールドカップ最初の試合で壁にぶつかるのを待つことができなかったのだろう。

日本は強いプレッシャーに直面する。なぜなら、彼らはベスト16に進出しなければならないからだ。

もしそれができなければ、日本サッカー協会にとっては失敗になるだろう。

コロンビアとセネガルは、常に違いを作ることができる3~5名の選手がいる。

その状況は悩ましいものだ。日本にとっても厳しいものになる。セネガルとコロンビアの個が持っているポテンシャルを考えればね。

しかし、誰もが運を必要としている。いくつかの審判の決断が、その道を決めることもある。

2002年のワールドカップでは、韓国がベスト4まで進んだ。そしてフランスリーグでは3部のレ・ゼルビエがカップ戦の決勝まで進んだ。

それがトーナメントの物語だ。時には非常に驚くべき結果がもたらされることがあるのだ」

©株式会社コリー

Curated by

mobcast

mobcast

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。