ヴォルターズ中西 バスケW杯の日本代表候補外れる 

 日本バスケットボール協会は11日、男子の2019年ワールドカップ(W杯)アジア1次予選のオーストラリア戦(29日・千葉ポートアリーナ)と台湾戦(7月2日・台湾)の日本代表候補24人を発表し、米ゴンザガ大の八村塁や日本国籍を取得したBリーグ初代得点王のファジーカス・ニック(川崎)らが選出され、米プロNBAを目指している渡辺雄太も名を連ねた。熊本ヴォルターズの中西良太はリストから外れた。

 日本はB組で現在4戦全敗の4位と1次予選敗退の危機にある。

(2018年6月12日付 熊本日日新聞朝刊掲載)

©株式会社熊本日日新聞社

紙面を彩った火の国球児たち

「夏の甲子園100回」を記念し、熊本出身のスターたちの〝球児〟時代を取り上げます。 第2弾は「日本一の奪三振男」野田浩司の原点を振り返ります。

ご購入はこちらから