大気非常に不安定 関東甲信で激しい雷雨のおそれ

きょう12日は、太平洋側で日差しの戻っている所が多いが、関東甲信は上空と地上との気温差が大きく、午後は大気の状態が不安定となる見込み。局地的に雨雲が発達して、激しい雷雨となるおそれがある。

関東甲信 天気急変に要注意

 関東から西の地域は日差しが出ているが、関東甲信は12日夜遅くにかけて広い範囲で雷雲が発生する見込み。特に、昼過ぎから夕方は内陸を中心に雷の発生する確率が高く、急な激しい雨や雷雨のおそれがあるため、落雷や竜巻など激しい突風に注意が必要だ。発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど安全確保に努める必要がある。ひょうが降るおそれもあるため、農作物や農業施設の管理にも注意が必要だ。
また、東京都心でも天気が急変する可能性があるため、夜にかけて空模様の変化に敏感でありたい。

北海道 さらに雨量増える

 北海道は日本海の低気圧と、台風5号から変わった低気圧の影響で、12日夜遅くにかけて雷を伴った激しい雨が降り、大雨となる見込み。大雨による土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に十分注意するとともに、落雷、突風、ひょうにも注意が必要だ。
 なお、北海道の太平洋側の海上では、12日は東または北東の風が非常に強く、あす13日にかけてうねりを伴いしける見込み。強風や高波に注意が必要だ。(気象予報士・高橋和也)

©株式会社ウェザーマップ

Curated by

釣りPLUS

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。