自民、参院定数6増法案了承

合区継続も、他党との調整難航

自民党総務会に臨む(左から)竹下総務会長、二階幹事長、岸田政調会長=12日午前、国会

 自民党は12日の総務会で、参院選の「1票の格差」是正に向けて、「鳥取・島根」「徳島・高知」の合区選挙区を継続する一方、選挙区と比例代表を合わせ定数を6増する公選法改正案を了承した。各党に賛同を求め、今国会に提出する方針。公明党は容認する姿勢を示しているが、主要野党は反対の意向を表明しており、今国会成立に向けた調整は難航している。

 自民党島根県連会長を務める竹下亘総務会長は記者会見で「何としても成立させたい」と強調した。総務会では、合区対象県の出席者が「今回はやむを得ないが、不満が残っている。合区解消に前向きな取り組みを示すべきだ」と訴えた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る