改ざん文書、検査院法違反を示唆

財務省の提出について衆院で答弁

©一般社団法人共同通信社

 学校法人「森友学園」への国有地売却に関し、会計検査院の戸田直行第3局長は12日の衆院国土交通委員会で、財務省が改ざんした決裁文書を検査院に提出したことについて「会計検査院法の規定に照らし、あってはならない。検査の円滑な実施に支障を来す」と述べ、同法に違反する可能性があると示唆した。

 戸田氏は検査院が検査に必要な資料の提出を求めた場合、検査を受ける側は求めに応じなければならないとの規定を挙げて説明した。立憲民主党の川内博史氏への答弁。