トランプ氏、正恩氏前に危ういジョーク

昼食会を終えたトランプ米大統領(左)と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長=12日、シンガポール(AP=共同)

 世界が注目した米朝首脳会談が12日、無事終了したが、トランプ米大統領が金正恩朝鮮労働党委員長を前に「危うい」ジョークを飛ばしたことが、話題となっている。 

 午前の会談後、昼食会前のフォトセッションでトランプ大統領はテーブルに着く前、写真記者らに対し「みなさん、良い写真を撮ってね。われわれ(トランプ氏と正恩氏)は魅力的でハンサムでやせているように見えるでしょ。それで結構だ」と冗談を飛ばした。 

 これに対し、怪訝な顔をする正恩氏の様子がカメラにとらえられ、欧米メディアがリラックスしたトランプ氏と対比する形で報じた。英ガーディアン紙(電子版)は通訳がトランプ氏の発言を完全に訳さなかったために、正恩氏が意味を理解できなかった可能性を指摘している。 

 正恩氏の体重は公表されていないが、韓国の情報機関が130キロ前後と分析したと一時伝えられた。翻訳されていれば、正恩氏はかなり気を悪くしたのは確実なだけに、通訳は正しい仕事をしたと言えるかもしれない。 (共同通信=太田清)

Follow

47NEWS

on

©株式会社全国新聞ネット

太田清

47NEWS編集長

太田清

47NEWS編集長

共同通信社入社後、広島支局、大阪社会部、外信部、経済部、ベオグラード支局、モスクワ支局、ローマ支局などを経て2016年より現職。

太田清の記事一覧を見る

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る