2010年W杯で香川真司を外し松井大輔を選んだ理由を岡田武史氏が赤裸々に語りました!

©株式会社愛幸

2010年ワールドカップメンバーに香川真司選手を外し松井大輔選手を選んだ理由が明らかになりました!

2010年南アフリカワールドカップで、下馬評を覆しベスト16の成績を残した岡田JAPAN。当時も今の日本代表のようにワールドカップ本番まで内容や結果が出ない状態で、グループリーグ敗退の声が多数挙がっていました。しかし岡田武史氏の元チーム一丸となった日本代表は初戦のカメルーン戦で1-0の勝利をあげると、最終的にはベスト16という結果を残し日本中から称えられました。そこから8年が経ち、当時若手で勢いのあった香川真司選手を外し松井大輔選手をメンバーに登録した理由を岡田氏が番組で赤裸々に語り話題となっています。その理由を聞くとなるほどなぁ~と納得してしまいます。

香川選手ではなく松井選手を選んだ理由は!?

ワールドカップ直前に戦術の変更を余儀なくされた日本代表はボールを繋ぐスタイルから激しくプレッシングをかけショートカウンターを狙うスタイルに変更。その中で岡田氏はハードワークできる選手、球際に強い選手を選び、香川選手ではなく松井選手を選んだのだそう。確かに当時の日本代表は田中マルクス闘莉王選手をはじめ大久保嘉人選手、遠藤保仁選手などスキルは高くとも”チームのために”頑張れる選手が数多くいました。そういった選手をうまく使いながら下馬評を覆してのベスト16という結果は岡田氏だからこそ出せた結果でしょう。日本の強みは団結力の凄さ。このメッセージがこの番組で隠されているような気がしますね。

神の山公式ツイッター